お春日和

お春日和

ミニマルライフを目指して断捨離中。歯列矯正治療の過程で顎変形症の診断を受け、2016年に手術を受けました。

読者登録100人ありがとうございます!振り返りをかねて、自己紹介します。

深夜にこんばんは、お春です。

f:id:hchocolatier:20150823233507j:plain

 

 

 

読者登録100人

ありがとうございます!!

f:id:hchocolatier:20150823213805p:plain

記念スクショをパチリ。

 

 

これまでブログを始めた理由等は記事にしたこともありましたが、自己紹介はしていなかったなーと思ました。以前にいろいろな方が自己紹介フォーマット使用していたことを思い出しまして、利用して自己紹介させていただきます。

 

こちらの自己紹介フォーマットをお借りしました。ありがとうございます。

ブログ書いてるのに自己紹介忘れてませんか? 自己紹介のフォーマット作りました。 ブログ初心者講座 - 凡夫じゆうちょう

 

 

 

 

お春ってどんなやつ?

名前の由来

全く違う名前にするのも親しみがなくなりそうなので、自分の本名から一文字使いました。

 

趣味とか好きなもの 

最近はブログを書くこと、ブログを読むことが趣味となりつつあるww

好きなモノはGLAY!!!

チョコレートが大好物です。板チョコなら平気で一枚食べれます。

 

お春日和ってどんなブログ?

どうしてブログはじめたの?

A1理論さんのポジティブ記事に影響を受けました。とりあえず、はじめてみて今日まで続けることができました。

 

ブログタイトルの由来

最初は断捨離をしていく過程を記事にしていく感じかなーとぼんやりとしたイメージでした。私の日常になるので、お春の日常?うーん。類似の言葉を調べていたら、“日和”を見つけ、お春日和ならゴロもいいし決定しました。

そして、最近はブログ名を変更されるブロガーさんをお見かけしまして、私は「ブログ名って変更していいんだ、知らなかった!!」と軽い衝撃を受けております。ブログ名はブログの顔なんだから、ブログのテイストが分かるように変遷していくのは考えてみれば納得がいきました。

 

運営方針 

ブログを書き始めた当初は「書く習慣をつけよう」と思い、毎日更新!!と意気込んで、結果として本日まで続けることができています。読者登録をしてくださった皆さん、コメントやはてなスター、ブクマをつけてくださる皆さんの反応が嬉しくて、続けてこれたと思います。本当にありがとうございます。目標は100記事継続なのであと、20記事ですね。その後の運営方針も少しずつ考えているので、100記事達成したら、また記事でご報告させてください。

 

カテゴリーの説明

おしゃれーーーーーファッションや美容に関する記事。

ブログ運営ーーーー初心者ながら四苦八苦したブログカスタムの記事が多いです。

ミニマルライフーー断捨離記事がメインです。ポジティブな思考もここ。

健康ーーーーーーー健康であるために私が行っていること。

料理ーーーーーーー簡単に作れるレシピ。

読書感想文ーーーー書評というほどではない、読書ログ。

雑記ーーーーーーー私のことや、日常など。

 

まだまだ、改善の余地があるカテゴリー分けですが現状はこれで満足しています。

 

ブログの歴史

2015/06/05 ブログ開設

hchocolatier.hateblo.jp

 

2015/06/21 初めて注目のブログに掲載して頂く

hchocolatier.hateblo.jp

 

2015/07/05 初めてのネガコメに戸惑う

hchocolatier.hateblo.jp

 

2015/07/11 はてなブログproに変更

hchocolatier.hateblo.jp

 

モノに向き合いながら、断捨離を進める。

嫌いになったわけじゃない!大好きなアーティストのグッズを手放す。 - お春日和

格安スマホに乗り換え準備〜連絡先の断捨離〜 - お春日和

【断捨離】カラーボックス【DIY】して扉付きにしたよ - お春日和

メルカリで断捨離を加速させよう!!販売のための5つの方法 - お春日和

 

2015/08/20 悩むより行動してみた結果、とても楽しめた話し。

hchocolatier.hateblo.jp

 

 

最後に

振り返ってみると少し恥ずかしいような気もしますが、ここ2ヶ月の私の気持ちの変化が記録として残っていて、感慨深いものがありました。

 

やりたいことリスト

hchocolatier.hateblo.jp

4、目指せ、読者登録100人 達成です。

私の力ではなく、読者登録してくださった方々のお力によるものです。ありがとうございます。

 

 

では、また明日に。