お春日和

お春日和

ミニマルライフを目指して断捨離中。歯列矯正治療の過程で顎変形症の診断を受け、2016年に手術を受けました。

【咬合治療】歯医者6月一回目、前歯のデンタル黄金比と左上6番やり直し

こんばんは。

6月1回目の歯科通院の記録です。

 

左前歯の大きさ決定

前歯6本を作り続けること早何ヶ月。

やっと、左前歯3本が完成しそうです。

前歯の黄金比率があるそうで、前歯1番、2番、3番の大きさを決まった比率にすべく大きさを決定します。

決まった比率というのは『デンタル黄金分割シート 』というものを使って、合わせていきます。

このサイトにあったシートが歯科医院でみたものと見ていました。

画像お借りしました。

f:id:hchocolatier:20170618140646j:plain

医療従事者向けサイト(注意事項) | 歯科医療用薬品・歯科材料・機器具の卸販売 | 日本歯科商社

今月2回目の予約をしているので、その時には完成した前歯3本が出来上がる予定です。

審美歯科的にも整っている前歯って綺麗でステキよね。

 

左上6番が痛い問題

前回の歯科通院記事でも触れましたが、左上6番の根本が痛いです。

歯肉を指で押すととっても痛いのです。

前回、レントゲン撮影して歯髄が原因との診断でした。

 

今回は仮歯を外して、歯髄を治療し直すと…(TдT)

歯髄は処置済みの歯なので、もちろん神経はありません。

しかし、痛いとなるとさらに歯髄の奥の奥まで治療し直すようです。

 

今回は仮歯の土台を作った歯でしたので、その土台を外しました。

強固に土台を作ってあるので、外すのに超音波治療器が登場して削ったりしてだいぶ時間がかかりました。

アゴが疲れた…。

土台を外すだけで歯髄の治療までには突入できなかったので、次回に持越しです。

 

 

さいごに

歯髄治療をした時点で、経過をみていくうちに歯髄をとった歯が痛くなる人が居る。と先生や衛生士さんから言われていましたが、その痛くなる人になってしまった。

前歯の補綴物を作りつつ、奥歯の歯髄の治療も並行していきます。

先は長い。